ホーム > メディカルク
当社は個人情報の適切な
取扱いを行う体制が整備
されていると認定された
企業です。

当社はレセコンの老舗として20年以上業界で培ってきた知識と経験が
あります。整骨院・接骨院など開業当初の疑問と対策から経営改善のノウハウまで、魅力的な内容のセミナーを開催しております。

厳格化が求められている実費と保険請求をしっかりと管理し、簡単な操作で
保険請求を行なえますので安心して保険治療を始める事が出来ます。

患者様の分析は今や常識となっております。分析ソフト「メディサーチ」を
使えば、チェックマークをつけるだけの簡単作業で絞込みが可能。
様々なジャンルにあわせたDMを効率的に作成出来ます。

整骨院や接骨院を運営する中で指導監査でお悩みの場合は、
お気軽に私達にご相談ください。
経験・知識の豊富なスタッフがサポート致します。
指導に同席した経験も多数ありますので生の情報をお伝えできます。

トラブルの時は至急駆けつけます。
最速で当日訪問できます。※距離や時間によります。
ネット接続出来る状態でしたらネット接続でリアルタイム修正ができます。

保険者のチェックは年々 厳しさを増しています。
残念ながら現状 保険者の方が柔整業界よりも知識をつけ、やっかいな患者照会や返戻をしてきます。
東京都でも既に3市の国保・後期がレセプト審査を民間の会社に外部委託しています。
今までは月に健保組合の数名の患者照会に対応していれば良かったかもしれませんが、
国保・後期のように数が多いものだと 何十人もの患者照会に対応しなくてはなりません。

最近レセプトの審査が大変厳しい接骨師会が増えているのもそのためです。
保険者が文句の付けようのない信憑性のあるレセプトを先生方に提出してもらう為に
1枚1枚時間をかけて審査をしているのでしょう。

今後、一層厳しくなっていくであろう保険請求に先生方が、少しでもレセプト作業の時間を減らし、
施術に専念できるよう 弊社ソフト「メディカルク」は、先生方のご意見・社内打ち合わせを反映し
ソフトの改良をし続けています。



月の実日数 ○日以上の来院回数が簡単検索!
検索結果プレビューより該当カルテに直接ジャンプ。
摘要欄に頻回施術の理由入力ができます。
【月20回以上 来院のある患者さん 】を検索
摘要欄に 頻回施術の理由を入力できます。 
摘要欄は、保険者に対しての大事なメッセージです。 
施術の根拠や保険者に特記すべき事由等、今後の保険請求にあたって重要な部分になると考えられます。
メディカルクでは、摘要文言を 最大644文字まで登録可能です。
又、頻繁に使用する文言は “摘要マスタ”に事前登録しておくと、入力の簡素化が図れます。

日数は任意設定可能。 摘要に初回施療料算定の根拠を入力できます。
負傷日から初検日が10日以上 空いた際に警告メッセージを表示。
負傷日から○以上 初検日が空いた場合に上記の様な警告メッセージが表示されます。
警告メッセージの表示間隔設定は『初検登録』の設定画面内の負傷日と初検日の日時を登録する事で、
簡単に設定することができます。
初回施療料の算定根拠を摘要欄に入力します。
現状で何日以上 空いたら駄目だとか、理由を入れなくてはいけないというルールもありませんが、
初回施療料という特別な料金を算定する以上 理由は記載したほうがベターです。

来院間隔○日以上空いている患者さんを簡単検索!検索結果プレビューより該当カルテに直接ジャンプ。 
摘要欄に施術の根拠を入力ができます。
来院間隔の空いた理由を摘要に入力します。

メディカルクは該当患者さんの過去傷病・負傷原因履歴が全て表示できます。
画一的なレセプトのチェックが簡単に行なえますので作業効率がグンっと!アップします。
昨今、保険者の個別指導が激増しています。
印刷されたレセプトを確認もせずそのまま接骨師会や保険者に提出して、返戻されたら直せばいい。 
そういったスタンスでは個別指導の対象になってもおかしくありません。
弊社レセコン“メディカルク”はただ入力して印刷するだけのソフトではありません。

上記のような一部機能も、今後 保険者が審査する上で、重要なファクターになりうる項目をソフトに追加し、
先生方が保険請求の事務作業を少しでも軽減でき、患者様の施術に専念できるよう作成したものです。
正しいカルテ・信憑性のあるレセプトを作成できる弊社レセプトソフト “メディカルク” を是非ご使用下さい。

メディカルクは20年以上支持されているレセコンです。
3,000件以上の導入実績が御座います。
整骨院(接骨院)の開業に際してレセコンでお悩みなら、
お気軽にご相談ください。

柔整はもちろん、鍼灸・マッサージ全てに対応できる
統合型バージョンもございます。
統合型版導入による売上げアップの実績も多数あります。
詳しくはお気軽にお問合せ下さい。

年に数回、セミナーを開催しています。
保険の初心者講習から保険改訂時の対策、
整骨・接骨・鍼灸院開業時に知っておかなければいけない
注意事項、20年以上の経験で培ったノウハウをご提供致します。
お気軽にご参加下さい。

会に入る予定の無い方もご安心下さい。
個人請求する為の機能ももちろん付属。
レセプト用紙も弊社で取り揃えてございます。
整骨・接骨院開業の手続きから保険請求のお悩みまで、
何なりとご相談下さい。

万全のサポート体制
【締切 間に合わない!】
埼玉県 A整骨院 様
7年ほど前だったでしょうか。
月初にレセプトの作業をしていた際、急にパソコンがダウンしました。
翌日がレセプトの締切日だった為、顔面蒼白になりました。
提出が間に合わなければ、入金も一ヶ月遅れます。スタッフさんのお給料・家賃等も支払えないかもしれません。
もう営業時間も終わってる時間でしたが、すがる思いでミニッツさんに電話をしたところ、これから来てくれるとの事。
一時間もしない内に、起動しないパソコンからデータを抜き出し、代替機のパソコンの準備も完了。
正直、手際の良さに驚きました。
無事に提出も間に合い、ほっとした記憶があります。
開業時、友人から、「いろいろ面倒見てくれるレセコン会社だよ」と薦められ、
ミニッツさんとは15年のお付き合いなります。
普段から、親切な対応をしていただいてますが、あの時は本当に助かりました。
新規開業
【レセコンはどこを使っても、そんなに変わらないですよ!?】
群馬県 N整骨院 様
開業して4年になりますが、開業当初は分からない事ばかりでした。
開業前に勤務していた整骨院では、保険請求をした事もないですし、
学校でも保険請求の詳しい事はあまり習わなかったので、不安を抱えたままの開業でした。
レセコン導入にあたり、何社かデモに来てもらった1社がミニッツさんでした。
ソフト自体はとても使いやすそうな物でしたが、「レセコンはどこを使っても、そんなに変わらないですよ。」と
ソフトの説明は10分もせず、保険請求の仕組み、窓口負担金の取り方などを詳しく説明してくれました。
当時、私が疑問に思っていた事、知りたかった事に答えていただき、業界や保険請求にも知識が豊富との事で、
ミニッツさんのソフトを導入しました。
いろいろアドバイスを頂き、保険請求で悩む事は少なくなりました。
ソフト以外の事でも、いろいろ相談にのってくれるのが有り難いですね。
今でも、ミニッツさんの保険請求セミナーには参加させてもらってます。
保険請求 ノウハウ
【個別指導になった!】
東京都 D整骨院 様
3年前、保険者の個別指導がありました。不正請求など全く身に覚えがありませんでしたが、
指導の通知がきた時は、頭が真っ白になりました。
持参カルテこれでいいのか?どんな事を聞かれるのか?廃業しなくてはいけないのか?
友人や知り合いに聞いても実際、個別指導になった先生はおらず、個人請求だった為、
接骨師会に相談もできません。情報も相談する相手もなく困り果てていましたが、
ミニッツシステムさんで保険請求のセミナーを開催しているのを思い出しました。
正直なところ、レセコン会社に聞いても分かるわけないと思いましたが、
相談したところ過去に何回か個別指導に関わった事のある方がいて、お話しを聞いてくれる事になりました。
カルテを見てもらい、記載が足りない部分。同日負傷・同日治癒が多い事。長期濃厚のレセプトが多いなど、
恐らく指導の場で聞かれそうな事を説明していただき、「今回は改善指導だと思われるので、大丈夫でしょう。」と
お話しを頂いたのですが、日を追う毎に、不安が増し、毎日のように電話で相談させていただいていました。
結果は、改善指導で終わり、返金、受領委任停止等もなく事なきをえました。
指導当日、一人でとても不安だったのですが、担当の方が会場まで同行してくれ、
指導が終わるまで待っていてくださいました。
あの時の「大丈夫ですよ。いってらっしゃい」「おかえりなさい。お疲れ様でした。」の言葉は今でも忘れられないです。
鍼灸・マッサージ
【大変喜ばれるようになりました!】
東京都 H整骨院 様
整骨院を開業して5年目の事。患者様の数は開業当初より、順調に増えましたが、
正直、頭打ちの状態でした。近隣にも整骨院が増え、これ以上、売上を伸ばすのが難しい状態でした。
投資をして分院を出そうか?分院を出店したとして、スタッフはどうする?
初期投資を回収できるのか?なら今の院をテコ入れして売上を上げるか?
答えもでないまま毎日、頭を抱えていました。
そんな時、整骨院で使用していたソフト会社のミニッツさんのセミナーで、鍼灸・マッサージの保険の講習会があり、
鍼灸保険の取り扱いに興味を持ちました。

私自身、柔整と鍼灸の免許を持っていて、実際、整骨院でも鍼灸の治療もおこなっていましたが、
鍼灸治療は現金のみだったので、ニーズはあってもリピートにつながる事が少ない状態でした。
鍼灸の免許を持っている先生も何人かいたので、ミニッツさんに相談させて頂いて、鍼灸の保険治療を始めました。
最初の内は件数も少なく、同意書もなかなか書いて貰えず、手間ばかりかかっていましたが、始めて二年経った頃には、
売上の二割強を占める程になり、患者様からも鍼灸治療にも力を入れている整骨院として大変喜ばれるようになりました。
現在は、歩行が困難な方々の為に、在宅マッサージも視野に入れ、地域医療に貢献していこうと考えています。
分院も悩まず無事にオープンできそうです。

お名前※
フリガナ※
連絡先電話番号※
- -
メールアドレス※
郵便番号※
-
住所※
院種別※
柔整   針灸   マッサージ
現状※
新規開業   既に営業
開業予定エリア※

例:神奈川県 横浜市
お問合わせ内容入力

ご入力内容と個人情報取扱い同意書をご確認後、
下の『同意して確認画面へ』ボタンを押してください

日本の伝統医療である柔道整復の歴史は古く、その源は武道における活法であると云われております。
相手を武で攻撃する術を殺法とすれば、活法はその対局に起つ術として、傷ついた者を蘇生したり、手当したり、骨を接いだり、痛みを和らげたりと慈愛に満ちた術であるといえます。この活法に端を発している柔道整復術は、他の西洋医学的医療感だけでは覆うことの出来ない“暖かさ”、手当(てあて)をすることの“やさしさ”、患者さんをいたわる“思い遣り”に満ちた、まさに日本人特有の医療ではないでしょうか?
 

江戸末期の安政の大地震の江戸では、骨接ぎの先生が寝食を忘れて多くの負傷者を手当したことが書物に書かれています。四世紀以上前から多くの場面で柔道整復学により多くの負傷者が救われてきました。日本人になくてはならない医療といえます。
 

この世界に誇ることが出来る柔道整復術はじめ、数世紀に渡り日本に定着してきた按摩術や鍼灸術などがこれまでも、そしてこれからも途絶えることなく時代とともに益々発展することを願ってやみません。

然るに昨今の医療制度改定や厳格化により、柔道整復、按摩、鍼灸などの伝統医学の経営が立ち行かなくなっているのが現状です。私どもでは、この素晴らしい医療が益々発展するため微力ながらも、より明確な請求、厳格化に対応出来るコンサルティング能力、扱いやすくサポートのしっかりとしたPC環境のご提供など、お客様の視点に立ったサービスの向上をめざしております。多くの患者様を幸福にしておられる先生方。そんな先生方に私どものサービスで喜んでいただけること。それが私どもの使命であると信じております。
 

ご不明なことございましたら何なりとご相談ください。事故請求の方法、カルテの書き方、保険者の事情などなど些細なことで結構でございます。お客様に喜んでいただけるご回答が出来るよう日々精進して参ります。何卒よろしくお願い申し上げます。
 

末筆になりましたが、みなさまのますますのご発展を弊社の者一同祈念いたしております。